知ラないと損する!酵素を台無しにするものとは

酵素は実は○○に弱い?!

MENU

酵素と相性の悪い食べ物

身体に必要不可欠、健康に万能な酵素ですが、中には相性の悪いものを存在します。
ここでは酵素と相性の良くない食べ物を紹介させていただきます。

 

白砂糖

何気なく摂取してしまう人も多い白砂糖。
白砂糖はショ糖というものが主成分となっています。
このショ糖は、血液をドロドロにして悪玉菌を増やしてしまいます。
これではせっかく酵素を摂取しても健康にはなれません。
甘いものを使うときは、黒砂糖・てんさい糖・蜂蜜などを使うようにしましょう。

 

肉類・魚類

肉類・魚類はたくさんのタンパク質を含んでおり、身体を作る上で欠かすことのできない食べ物です。
しかし、食事が肉・魚に偏り過ぎると、たくさんの酵素がこれに消費されてしまいます。
肉・魚のタンパク質を分解するためには多くの酵素を必要とするからです。
これではせっかくたくさんの酵素を摂取しても、全てこの分解に使われてしまって健康効果を発揮することができません。
摂り過ぎに注意して、バランスの良い食事を目指してください。

 

インスタント食品

これは酵素に限ったことではありませんが、インスタント食品には健康を妨げる成分がたくさん含まれています。
酵素液で健康になりたいと思っているときは、なるべくインスタント食品を避けるようにしましょう。

 

 

熱に注意!
酵素は熱に弱く、およそ47℃で破壊されてしまうと言われています。
熱が加わるお料理に酵素を入れても、台無しになってしまうのです。
つまり、酵素がたくさん含まれている食品を食べる時も、熱を加えてしまっては意味がなくなってしまうのです。