痩せやすい人は体の基礎代謝が良く、カロリーをよく消費して食べても太らないと言えます。

太る人と痩せている人は何が違う?

MENU

太る人と痩せている人の違い

人間はどうしても太っている人と痩せている人に差が出てしまいます。

 

それは食生活だったり、生活習慣だったり、運動の量だったり、睡眠の質だったりとさまざまな要因が関係していますが、具体的にどこが違うのかを解説します。

 

食事の量や何を食べているか?

太る人は水を飲んでも太ると言われていますが、多くの場合、スリムな人の食生活というのはかなりストイックです。とても痩せていて、くびれがあるような美しい体型の女性は、食べない努力をかなりの確率で行っています。
美しい女性と一緒にいるとよくわかりますが、よく「グウーグウー」と鳴らしているのがよくわかります。

 

また太っている人というのは、自分が悪い食生活をしているというのを理解していません。

 

揚げ物や焼き肉など脂っこいものを好み、野菜をあまり食べなかったりと基本的なことが上手くありません。逆に太りにくい人は、野菜や海藻を積極的に取ったり、スナック菓子を控えるなどの意識がまるで違います。まずは食事の見直しを行ってみましょう。

 

 

基礎代謝が高く運動量が多い

痩せやすい人の特徴は、体の基礎代謝が良いことが挙げられます。
多くの場合、普段から適度な運動を心がけているため血行よくインナーマッスルなども発達しており、通常時からカロリーをよく消費して食べても太らないことがいえるでしょう。

 

 

節約遺伝子により肥満になる

「水を飲んだだけで太る。」という人がいますが、実際に個人差によってエネルギーをため込む遺伝子を持っている人浪費しやすい遺伝子を持っている人がいます。
これを持っている人は相対的に、少ない量の食事でも体にためこもうとする力が働くので結果的に痩せにくいということがいえます。
したがって運動するにしても節約遺伝子を持っていない人に比べると2倍努力しなければダイエットもままならないし、食事の量も減らす必要があります。