腸内の菌を良い状態に保つためには、乳製品や食物繊維をよく食べるようにしましょう。

ダイエットと腸内環境には密接な関係がある?!

MENU

ダイエットと腸内環境の関係

腸内環境とダイエットは緊密に関係しています。

 

腸内環境とは、主に腸の中の善玉菌や悪玉菌によって構成されており、腸内環境が悪化すると太りやすくなるというデータがあります。

 

ビフィズス菌や乳酸菌などのは腸内でビタミンを作り出したり、栄養の吸収の補佐をしたりとなにかと良い働きをする菌です。
それとは別に悪玉菌というものも存在しており、それは発がん性物質のもとになるものであったり、ガスを発生させ腐敗を促進させてしまうので人間の健康にとって悪影響を及ぼす菌です。

 

私たちの腸内には、こういった善玉菌と悪玉菌が存在していてそれを構成しています。
悪玉菌は、インスタント食品や油で揚げたスナック菓子を食べることで増殖すると言われており、太る体質を作ってしまいます。

 

ただし悪玉菌というのは、体の中になくてはならないものであり、過剰に減少したりしてはそれはそれでバランスが崩れることになります。
悪玉菌には悪い病原菌を攻撃する役割もあるので完全に体の中から排除しなければならないものではありません。

 

 

ただ太っている人というのは、悪玉菌が増えている状態である可能性が高いので、善玉菌を増やすためのは、チーズやヨーグルトなどの乳製品や納豆やみそなどの発酵食品が良いといわれています。

 

食物繊維も良いとされていて、野菜や海藻類を積極的に取ることが善玉菌を増やすことに繋がります。また善玉菌を増やして悪玉菌を抑制することは、ダイエットに非常に効果的であるだけでなく女性ホルモンの増加や美容や美肌にも良いとされています。

 

その他に、腸内環境を整えるためには、食べ物をよく噛んで咀嚼酵素を活性化させることによって、消化や吸収が良くなります。

 

このように腸内の菌を良い状態を保つためには、乳製品や食物繊維をよく食べることとインスタント食品や脂っこいものを摂取するのを抑えることです。