色の濃い食物の方が体を温め、カロリーも低いので、身体を冷やさず、カロリーの摂取を抑えることができます。

身体を冷やさない為の食生活

MENU

身体を冷やさない為の食生活

食物には

  • 身体を温める食物
  • 中間の食物
  • 身体を冷やす食物

という分け方があります。

 

この考え方は、東洋医学の考え方で、体質や、季節に合わせて、身体を温める食物、中間の食物、身体を冷やす食物を組み合わせて摂取することで、健康な身体作りをするというものです。

 

栄養バランスを整えることはもちろん大事ですが、身体を冷やさない食物をとるということも、代謝を良くするためには必要です。

 

栄養バランスのことばかり考えて、身体を冷やす食物を多くとってしまうと、内臓が冷えてしまい、代謝が悪くなるので、ダイエットをしても効果が出ないことがあるのです。

 

身体を冷やしてしまうと、ダイエットが成功しないだけではなく、自律神経のバランスが狂ったり、胃腸の働きが悪くなったりするので、健康にも悪影響が出ます。
手足が冷える、脚がむくむ、便秘がちであるというような症状がある場合には、身体が冷えていることが原因である場合が多いのです。
>>健康的な食事の摂り方

 

 

身体を温める食物

イワシ、サケ、明太子などの寒い地方で収穫される食物、黒米、黒豆、ヒジキ、あんず、カボチャなどの濃い色をした食物、さつまいも、ゴボウなどの根菜類があります。

 

身体を冷やす食べ物

キュウリや冬瓜などの夏野菜、レタス、ヨモギなどの葉采、スイカ、メロン、梨などの果物、牛乳やビールといった飲料

 

中間の食物

主食となる玄米や大豆、イモ類

 

果物の中でも、リンゴやプルーンなどは体を冷やさないので、冷え性の人にはお勧めの果物です。

 

 

白ワインよりも赤ワイン、白身魚よりも赤みのある魚、食肉よりもレバー、白米よりも玄米、白いパンよりもライ麦パン、白砂糖よりも黒砂糖というように、色の濃い食物の方が体を温め、カロリーも低いので、身体を冷やさないという効果以外に、カロリーの摂取を抑えることができます。

 

また、コショウ、八角、シナモンなどのスパイス類には、身体を温めるとともに、発汗を促す作用があるので、料理に活用しましょう。