酵素も酵母も体にとって大切なので摂取して健康な体に!

酵素と酵母の違いとは

MENU

酵素と酵母

酵素や酵母、聞いたことはあるけど、どういうものなのかよくわからない。
そういう人は多いのではないでしょうか。

 

酵素とは、生野菜やフルーツに多く含まれている物質です。
消化、吸収、代謝、排泄にかかせない物質です。
酵素には、肌や血、体にとって大切なものを新しいものへと変えて行く力があります。
酵素が不足すると、新陳代謝の働きが悪くなり、脂肪の燃焼力もおとろえてしまいます。

 

酵素が不足することにより、太ってしまったり、胃が荒れたり、肌が荒れたり、便秘になってしまうのです。
酵素を意識的に補うことで、これらの問題を解決することができます。
酵素はストレスや不規則な生活、偏った食事をしていると、どんどん体内から失われてしまいます。
生活習慣を見直し、酵素を多く含んでいる食材を意識的に摂取するように心がけましょう。

 

酵母とは、自然界の植物や果物、花蜜といったものに生息している微生物、菌のことです。
これらの微生物、菌が食材に付着し、分裂しながら成長することで、食材は発酵するのです。
酵母には糖質を分解する力があります。
酵母は食材の糖質に糧に、分裂、成長し、アルコールと炭酸ガスを生成するのです。
この酵母の働きを利用して作られるのが、パン、ビール、チーズ、酢、味噌、納豆等です。

 

酵素や酵母を体内に取り入れることで、元気で健康な体をつくることができます。
生野菜や生フルーツで酵素を、味噌、ヨーグルト、ワイン、ビール、日本酒などで酵母を摂り入れて
健康な体をつくりましょう。